• TOP
  • まなびシェア
  • 【講座8】当事者研究とプレイバックシアターのコラボレーション 基礎編

ACU まなびシェア

北海道医療大学

【講座8】当事者研究と
プレイバックシアターのコラボレーション 基礎編

札幌開催 医療・健康・福祉(医療従事者向け)

主催 北海道医療大学
開催場所 札幌サテライトキャンパス
開催日時 2019年02月24日(日) /10:00〜12:00
講座紹介

講演1 対話としてのアクションメソッド −当事者研究の経験から−

 

精神保健福祉の領域でいま「対話」の持つ力が注目されています。

対話とは、言葉のやり取りではなく、身体も含めたより人間の根源的な関係の在り方であり、

北海道からはじまった当事者研究も、研究と言う営みを「研究者」ではなく、

市民レベルで取り組んでいく対話的な実践活動として注目されています。

この度は、当事者研究とプレイバックシアターとのコラボレーションの第三弾として、

対話の視点から当事者研究の魅力と可能性を考えます。

 

向谷地 生良(本学看護福祉学部教授)

むかいやち いくよし/1955年生まれ。北星学園大学文学部社会福祉学科卒業。

78年浦河赤十字病院医療社会事業部ソーシャルワーカー、01年北星学園大学非常勤講師を経て、03年本学就任。

06年より現職。社会福祉法人浦河べてるの家理事。


○専門研究分野/当事者研究、精神障害者リハビリテーション、メンタルヘルス・ソーシャルワーク

 

講演2 プレイバックシアターの世界

 

前半の「当事者研究」についての学びを踏まえて、

即興劇としてのプレイバックシアターの魅力を体験的に学びます。

 

東海林 義孝(プレイバック・ユー代表)

とうかいりん よしたか/1953年生まれ。97年からプレイバックシアターを始める。

03年スクールオブプレイバックシアター日本校リーダーシップ卒業。

北海道医療大学看護福祉学部の非常勤講師を務める他、

精神科クリニックなどでもプレイバックシアターを取り入れたプログラムを実践している。

 

開催日時

開催日 時間
2/24(日) 10:00〜12:00

 

受講会場

会議・研修施設ACU-A

(札幌市中央区北4西5アスティ45 12F)
参加対象 一般
参加費用 2,000円
募集人数 50名

お申し込み・お問い合わせ

まなびシェア一覧はこちら